©2020 Jeno International  all rights reserved.​ 

​永田陽奈子さん(大学生)

​2017年8月参加

ボランティア

とても自分のためになったと思います。

言葉がわからない中で、どうしたら子供たちと通じ合うことができるか、たくさん考えることのできる時間でした。

きれいな文法で、言葉で話すことが一番大切なことではなく、伝えようとすれば、わかろうとしている子供たちにも伝わるとわかりました。

保育士が1クラス(20-25人程度)に4,5人いたことにとても驚き、日本もそれくらい人数がいればもっとよくなるだろうなと思いました。

​毎日、"I love you"と言ってキスしてくれる子がいて、最終日はずっと離してくれない子がいて、きれいな英語で話せなかったし、わからないこともあったけれど、わかりたいと思う気持ちが伝わったのかと思ったら嬉しかったです。

写真:保育園の先生と

ホストファミリー

最初は耳が慣れず、全然わからず困りましたが、2,3日経つと単語でなんとなくわかるようになってきました。ホストファミリーも私がわかるようにわかりやすい単語で話してくれたり、ジェスチャーをつけてくれたので、とても嬉しかったです。

​(子供二人の)下の子が、「見て~」と着替えるたびに呼びに来てくれたり、上の子が「一緒にゲームしよう」と誘ってくれたりしてとても嬉しかったです。ホストファーザーもマザーもとても優しくて快適に過ごせました。特にホストマザーは、母親のような友達のような存在で、とても大好きになりました。また会いに行きたいと思うホストファミリーです。

写真:ホストファミリーの子供と

写真:ホストファミリーと

最も印象に残ったこと

きれいな英語で日本語みたいに話せなくても、伝えたいという思いがあれば伝わるということです。

たくさん話せたわけではないけれど、相手のことを知ろうと下手ながらたくさん話しかけたことで、相手と仲良くなれてとても嬉しかったです。

​特にホストマザーのことは、一生忘れないと思います。

観光

とても自然が多く、空気が澄んでいて、気持ちのいい所でした。毎日、青い空が広い範囲に見えて、夜はたくさんの星が見えて、住んでみたいと思えるところでした。

 

観光は、キュランダ、ケアンズシティ、海などに行きました。私はキュランダツアーが本当に楽しく、良い思い出になりました。特に汽車(高原列車)が私は大好きです。